”絶対” という日本語の味覚

  • 2015.01.26 Monday
  • 08:30
『この身はいつか滅びる』
といった類いの事実においては
”絶対” なのかな。

しかし あえて使うまでもない
暗黙の了解に括られるのかな。



”絶対” という日本語には
微妙な気持ちが介在している感じ

ただなんとなく安易に使うのは
やめようと思う この頃



思想、価値観、宗教観

さまざまな世界観があって
人の数だけ真実が存在している

はずなのに…

価値観を伝える時に
”絶対” は多用されやすく
時には武器のようになってしまう。

我こそが ”絶対的” な真実!

争いや派閥、論議を醸し出す。



言論の自由と言えど
これらに対して論じようとしたら

場合によっては
自分の身を危険にさらすことにも
なりかねない。

なんだか悲しくも矛盾なところ。



身近なところで
起きやすい論争としては

オーガニック
ビーガン
ファーストフード
自然治癒
◯◯アレルギー

なんかもー
いろいろあるのでしょうが





最近 思うのです

ヨゴレだろうが
キレイだろうか

そこに内在してるエネルギーは
受け止める人のエネルギーによって
如何様にでも変化する

という可能性も秘めている☆

小さなことかもしれないけど
ピースな気付きに思えて書いてます。

素晴らしいじゃないですか☆
自画自讃(笑)



目に見えぬ エネルギーの話なので
科学的根拠もないから
鼻先で笑われてしまうかな…

だけど私はそこを大切にして
感覚を研ぎ澄ませていきたいな☆



私自身、家庭を持ってからは
よりナチュラル思考ではあるけれど

ケミカルだって食します。
いただき物もあり難く頂戴します。

『ありがとう☆』

心から思えば
良いエネルギーが生まれて
物にも人にもしっかり宿ります☆

良いエネルギーの交換が出来れば
免疫力だって、幸福感だって
得られちゃうんだな☆



この世は想いのカタマリで
出来ている☆

人間の面白みを
もっと感じて生きていたいなぁ。

底知れぬ可能性を持ってるから
人間て面白かったりするのです。



それに時流によって
正解も不正解も入れ替わるよね。



なんにしても
ナチュラリストって
なんかもっとピースなハズだよね。



人のことを優しく支える意味で

『うん、 ”絶対” 大丈夫だよ』

これには
愛と、包容力と、勇気を感じる。



感じること
知ること

しっかりと味わいたいな☆

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

JYGEMブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM